朝から

朝から

朝からさっぱりである。今日の仕事の出来高は往時の3分の1ほどである。まるで進まない。新しく入れた設備が、まったく稼働していない。入れる前から、既にわかっていたことであるが、今さら、やめるわけにはいかないのだという。

しかも、この機械、地方都市なら家が一軒、建ちそうな金額である。

まるでフランスの開発したコンコルド飛行機のようなものである。この調子でいくと休みも潰れるかもしれない。しかしながら、私は玉砕攻撃バンザイアタックに付き合うつもりはない。犬死にはごめんだ。

上の失敗を押し付けられるのは、勘弁して欲しい。

2015年7月26日|

カテゴリー:仕事