私は

私は

私は、かつて学生の時に、目茶苦茶、直観が発達していた時期がありました。

当時、友人がアルバイトしていたゲームセンターに遊びに行ったときのことです。ルーレットで遊んでいると、何故かグリーン、0の目に来る時だけ、分かってしまうのです。他の赤や黒の時は分からなかったので大したことはないのかもしれませんが。

グリーンのオッズは36倍でした。あっという間にコインがいっぱいになりました。

現金に換金を出来ればすごいことになっていました。

他にも、やることなすこと、すべてが上手く行くのです。

この力は答えだけを教えてくれるのですね。理由とか、やらなかったらどうなるとかの説明は一切ありません。


自分でも、この脳内に走る信号は何かと訝しく思っていました。これが「直観力」というものであることは船井幸雄氏の本で後ほど知りました。


ところが、あるとき直観力がNOと言っているにも関わらず人間関係のしがらみで、直観力が否定したことをやってしまいました。

その結果、人生が悲惨な方向に転がり、発露した直観力も雲散霧消しました。この状態で現在に至っています。

今では道に迷ってばかりです。

2015年5月16日|

カテゴリー:blog