家を

家を

同居している人間が実に鬱陶しい。今年中に家を出るつもりであるが、問題はいつどのように出るかである。殴り飛ばして出ていくか。ごっそり黙って出ていくか。あるいはもっと別の方法か。いづれにせよ早々に縁を切りたいものである。私の人生の足を引っ張るのは決まって奴らである。

まあ、家族といえばそのようなものなのかもしれないが。

いい年して、同居している私にも問題はもちろんあるのであるが。

2015年9月13日|

カテゴリー:blog